コンプレックスに感じる悩みのひとつ

コンプレックスに感じる悩みのひとつでもあります。乳首のピンクを消す方法を正しくやることでピンクが解消するのです。

 

乳首のピンクの原因になることは、下着や洋服の摩擦で肌が刺激を受けて、その防御反応でメラニンを再生し、ターンオーバーを早めて角質層を厚くします。タイトなジーンズも動くたびに擦れてもピンクができます。摩擦による色素沈着は摩擦黒皮症といって、シミが深い部分にできて色素が定着して改善には時間がかかります。乳首は下着や服が擦れる部分でもあるため、下着は天然素材を選んだり、タイトでピッタリとしたジーンズなどは避けたほうが良いです。

 

洋服などの摩擦以外には、かぶれや炎症、自己処理の脱毛による刺激や炎症、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

乳首のピンクを消す方法で最初にできることは、摩擦や自己処理での脱毛などを避けることです。
摩擦などを避けたら、その次に消す方法は、体の色素沈着などを改善させる効果のあるオイルなどを根気よく塗って、消す方法を試します。ホホバオイルなど水分を逃さず肌の保湿効果が高いオイルで、乾燥や紫外線から肌を守ったり、血行を良くして肌の新陳代謝を高めるため色素沈着したような肌トラブルには効果が期待できるのです。

 

摩擦などを避けたり、オイルなどを塗っても改善が見られない場合は、皮膚科にいって消す方法があります。症状に合わせた外用薬や内服薬などを処方してもらうことで解消することができます。